« おひなさま | トップページ | 剪定講習会でした。 »

2006年2月28日 (火)

授業参観

でした。小学校は、家から5分もかからないところにあります。

小学校のところから、見える羽山と、我が家のりんご畑です。

Pap_0013 真ん中のハウスはサクランボ畑です。

今日は昨日と違い、いい天気でした。少し寒かったけど。

 ここの小学校は、全校生徒40人足らずで、娘も小学3年ですが、4年の子達と一緒のクラスで、複式学級になってます。

という状況です。ですから、臨機応変に変えられるという利点時間割も普通ですと、曜日ごとに決まっているものなんでしょうが、ここでは、毎日時間割が違います。複式学級のため先生も少ないためなのでしょう。連絡帳をみないと、明日の時間割がわからないもあるようです。

この話をしたら、妹たちに驚かれたので、ちょっと書いてみました。今は過疎化が進んでますし、少子化問題で、実際子供の数が減ってきています。かく言う私も1人しか子供はいませんが・・・ このような状況の学校が今は増えてきているのではないでしょうか。 4年後くらいにここの小学校はなくなり、近くの学校と統合になります。寂しくはなるでしょうが、私としては、遅いと思っています。もっと早くしてほしかった。

あと今日の総会で、児童の登下校の安全について、話題に上りました。やはり全国でひどい事件が続くせいなのでしょう。このように人数の少ない地域ですと、どうしても遠いところから通っている子供は、最後1人になってしまいます。なので当番で子供たちを迎えに来るようにしている地域もありました。

これからもこんな事件はなくならないのでしょうか。どうしたら子供が安心して学校に通えるようになるのか、考えていかななければいけませんね。

だらだらと取りとめもなくかいてしまいましたが、すいません。

もし意見などあればどうぞ遠慮なくお待ちしています。

|

« おひなさま | トップページ | 剪定講習会でした。 »

娘&小学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/49442/867474

この記事へのトラックバック一覧です: 授業参観:

» ゆとり教育の見直しと複式学級とこれからの家庭学習の重要性についての個人的一考察 [戯時録 from 小渡牧場]
本日語ることは決して、誰かを攻撃しようと言う意図の基づいたものではないことを最初に明記しておきます 先日、今年度最後の参観日と懇談会があって、妻が学校に行って来て、その話を聞いたんですけど と、その前に現在息子が通う小学校は、1年生、2年生は単独、3,4年生、5,6年生が複式学級でして 現在2年生のうちの息子も、新年度からは複式学級となります うちの妻を含むお母さんたちはそのことについて、... [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 08時37分

« おひなさま | トップページ | 剪定講習会でした。 »